Ping Pong まっさ

外コン出身の卓球好き「まっさ」の卓球ブログ

【雑記】シューズをウェーブドライブZにした話

【スポンサーリンク】

シューズを2年ぶりに買い替え

先日ウェーブドライブZを買いました!

f:id:massaTT:20180129090658p:plain

(画像:Mizuno公式ページより) 

 

以前のシューズ(タマスのレゾラインTB)への不満は特にありませんでしたが、これまで軽いシューズにしたことがなかったので一度試してみようと思い、購入しました。

 

色は、全日本選手権で大島祐哉選手が履いていてカッコよかったのと、限定カラーとのことでイエロー×ブラック×オレンジに即決!

 

2回ほど新シューズのウェーブドライブZで練習してみたのでレビューをしてみたいと思います。

ウェーブドライブZの良いところ

 圧倒的に軽い!

「0.1秒でも速く攻めたいならこの一足!」というキャッチフレーズの下に生まれたこのシューズ、本当に軽いです。

 

メーカー参考質量は約255g(26.0cm片方)とのことです。

 

実際に履いて軽くフットワークをしてみると、以前のシューズとは明らかに違う。

 

行きたい方向に飛び出せば、足が勝手についてくる感覚があります。これはすごい!

 

明らかにフットワークが速くなりました。 

しっかりグリップ力もある!

得てして軽いシューズというのは、底のゴムを調整して軽量化を図ります。

 

そのため、軽いシューズは床をつかむ感覚、グリップ力が弱い傾向にあります。

 

しかしウェーブドライブZは見事に軽さとグリップ力を両立していました。

 

回り込んだ後に、フォアに飛びつき、その後さらに回り込みをする。

 

というフットワークもしてみましたが、しっかりグリップが効いて間に合います!

 

これほどの高性能とはとても驚きました。

ウェーブドライブZの悪いところ

 とにかく目立つ!笑

これは捉えようですが、とにかく目立ちます笑

 

地域のオープン戦などの会場で履いていたら注目されてしまうこと間違いなしなので、目立ちたくない方にはオススメできません(汗)

 

寿命が短い?

これはこれから検証しますが、ゴムを薄くしているため、寿命が比較的短いという意見も聞いたことがあります。

 

前回のシューズはソールのゴムが2年も耐えていたので、それとの比較をこれからして行きたいと思います。

 

まとめ

軽量性とグリップ力を兼ね備えた最強のシューズではないでしょうか。

 

個人的にはもっと目立たないカラーもあっていいのでは?(笑)と思いますが。

 

以上、簡単でしたが、購入したての[ミズノ] 卓球シューズ ウェーブドライブ Z 81GA1600 イエロー×ブラック×オレンジ 27.5 cmのレビューでした。

 

興味のある方は購入を検討してみてください!