Ping Pong まっさ

外コン出身の卓球好き「まっさ」の卓球ブログ

ハンガリーOPで周雨(Zhou Yu)に3カ月の出場停止処分

【スポンサーリンク】

ITTFから驚きのニュースが出ていたので、簡単に訳してみました!なんと、周雨が試合中にラバーを剥がして、3ヶ月の出場停止処分を言い渡されたようです。

ITTFからのニュース内容(翻訳)

中国卓球協会はブダペストで開催された2019 ITTFワールドツアーハンガリーオープン男子シングルの初戦での反則のため、周雨選手に対し3カ月、Ma Jungfengコーチに対し1カ月の出場停止処分を決定した。

周雨選手は、台湾の荘智淵選手と対戦し、ゲームカウント2-3とリードを許したところで、副審の前でラケットの黒い面のラバーをはぎ取り、使えなくなったということで、周雨選手がスペアラケットの使用を要求した。

これは国際卓球協会の規則に反している。 正確には、審判員は即座にレフェリーのMart Szilyを呼び出し、周雨選手はすぐに失格となった。

■規則3.4.2.4:ラケットは個人戦において、偶然ひどく損傷してしまい、使用できなくなってしまった場合を除き、交換してはならない。もし、ラケットが損傷してしまった場合には、プレーエリアに持ってきたものか、プレーエリアにて手渡されたものに直ちに交換するものとする。

■規則3.5.2.8:レフェリーは審判員から報告されたかどうかにかかわらず、あまりにも不正や攻撃的な行動があった場合、選手を試合やイベントや競技から失格にさせる権限を持つ。上記のような行動があった場合、レフェリーはレッドカードを提示する。また、失格にならないような不正や行動について、審判員は違反事項を懲戒パネル(Disciplinary Panel)に記載することができる。

正式な処分は以下。

周雨:1月17日木曜日~4月17日水曜日の活動停止処分

Ma Jungfeng:1月17日木曜日~2月17日日曜日の活動停止処分

まとめ

試合中にラバーを故意に剥がしても、交換はできないようですね。みなさんも、調子が悪くてスペアに変えたい時があるかもしれませんが、我慢してプレーを続けましょう!

www.pingpong-massa.com